初のクリスタル・ローズ・ガーデン 2

パーティらしいところへいくと、何人かの人がわいわいがやがや集まっていて、しばらくして、いきなり、庭にワープしてしまって、「あれ? どうして庭に?」とびっくりしていたら、クリスタルでできたバラを手で摘んだので、「ああ、これをじぇいど♪さんに渡すためなのか・・」と思ったら、また室内にワープして、じぇいど♪さんってどの人だろう? ふと、ひときわ濃い緑色のオーラの人を見つけて確認してみると、じぇいど♪さんのようで・・自己紹介をして挨拶をしてから、クリスタルのバラをお渡ししました。 (受け取れているといいな~。笑。) ほかの人をじぇいど♪さんが紹介してくれて、ごあいさつしました。 そうそう、ちゅまちゃんは来ているかしら?と見渡すと、濃い青いオーラの女の子が・・・(インディゴブルーってこの色だったんですね。) あ、ちゅまちゃんかな? そばによって聞いてみるとそうで、ちょっと挨拶をさせていただきました♪
「ちゅまちゃん、私、下半身がドラゴンで上半身が人間の女神を描いたことがあって、その絵の女神の導きで、『なにが見えてる?』のブログにたどりついたのですが、今度、見てやってくださいね♪」なーんて言ってみたつもりなのですが・・・・ は!今気が付いたけど、日本語で話しかけちゃった・・英語で話せばよかったかな・・・^^;
ちゅまちゃん、日本人だけど、アメリカ生まれのアメリカ育ちだから、日本語より英語の方がわかりやすいらしいから・・・
とはいえ、私はドラゴンはオスとメスは色が違うことはもちろん知らなかったのですが、偶然にも、この女神は緑色です。 よかった。^^
(ちゅまちゃんいわく、ヨーロピアン・ストーン・ドラゴンは、オスは青系、メスは緑か、紫系とのこと。)
絵はこちらです。

パーティわいわいにぎやかで楽しそうでした♪
この後仕事だったので、目を開けようとしたら、目が開かない!!体も動かない! 強い白い良いエネルギーの中で、動けなくなって、金縛り状態になってしまいました。 (でも、決して怖いものではなく、とても崇高な高いエネルギーの中にぽっかり包まれたような感じです。)

どうしようかな・・・、しばらく、自分の守護天使さんとお話でもしてみようか・・と話しかけようとしたとき・・
うちにいた小さなわんわんの鳴き声で、体が動かせて、目が開けられました。

不思議~・・・

※ 一番最初の記事「プロローグ」に多少加筆しました。 

初のクリスタル・ローズ・ガーデン 1

日本時間、2009/8/25 午後3時半に初めてクリスタル・ローズ・ガーデンへ訪問させていただきました♪

実は、初の意識的な幽体離脱で、アストラル・トラベル。

幽体離脱はもしかしたら、気がつかないうちに、過去にやっているかもしれません。 笑。 その話はいまははしょります。

意識的には、初めてなので、ちゃんと体に戻ってこられるように、実家にある大きなクリスタル・ポイントを目の前に置いて(←これは自分の直感)、瞑想開始。

まだ、「なにが見えてる?」(以下なにみえ)ブログは2006年6月から始まり、2007年の7月までしか読んでいなかったのですが、
8/24はアメリカにいるじぇいど♪さんのお誕生日だったのです。
クリスタル・ローズ・ガーデン(以下クリロズ)のサロンにて、パーティを日本時間の8/25 15:30にやると知りました。
それもちょうどいいタイミングでその話を知ったので、開始時間までの2時間くらい、クリロズの注意事項や情報や長い歴史を熟読しました。 (いってみたいと思う人は必ず注意事項を読んだ方がいいです。↓)

「他次元への旅ガイドブック:なにみえ遠足・クリロズ・アカデメイアまとめサイト」
http://meguru.tuzikaze.com/index.html (PC)
http://meguru.tuzikaze.com/k/index.html (携帯)

行き方は、なにみえで過去に行われた遠足というものに参加したことがある人は、ドラゴンに迎えに来てもらい、初めての人は、自分の守護天使やマスターに方法を尋ねるとのこと。

うまくいくかな?とちょっと心配でしたが、どうやら、行けたようです。
というのは、頭の前方から両脇、後方へとグワングワンととっても強い白いエネルギーが響いてきたからです。
普通に瞑想していて、こんなことは体験したことがありません。
クリロズは、その場所自体がものすごいエネルギーが流れていて、ヒーリング作用があるとのこと。
アクセスしたあと、好転作用などを体験する人もいるらしく、ふらふらしたり、すごい眠気がしたりするとのこと。
私は、あたまがぼーっとして、ものすごく眠くて、なんとそのあと11時間近く寝てしまいました。

守護天使さん、そのほか、私を守ってくださっている光の存在たちに、クリロズへ案内してください。 連れて行ってください、とお願いしましたら、そこへ行くまでの道のりは映像に出ないで、サードアイ(眉間のちょっと上)の当たりが真っ白くなったと思ったら、次の瞬間は、クリロズの外観と庭と思われる映像が出てきました。 でも、全体として、映像はふちに白い霧がかかったようなかんじになっていました。
そして、すぐに、シュリカンさんと思われる方が(この人はドラゴンで、人型にも変身することができる、じぇいど♪さんの守護ドラゴンです。)・・・両腕・おなかに刺繍&黒と赤の革べストをはおっていて、パンク風のファッションで・・笑 いきなり、鍵を渡してくれて、そして、二階?のアカシック・レコードのお部屋に連れて行ってくださいまして、扉を開けると宇宙が広がっていて・・・
「あの、パーティに来たのですが・・」と申し上げると、「まあ、最初にこちらを楽しんでいってごらん」と言ってくださったので、じゃあ、ちょっとこちらを試してみようか・・と宇宙に飛び込んだら、グワングワングワンとものすごい強い白いエネルギーが頭に響いて来て、自分がプレアデス?にいたころの前世の姿が見えたり(なんか、水色のキラキラ光る長髪で、男性でしたよ・・??)、水晶を作る人みたいな人(この人もきれいなシルバーの長髪で美しい男性でした・・)が見えたり・・・ ああ、これはもうちょっと時間かけてみてみたいから、今日は切り上げて、パーティ会場へ向かいました。

つづく 

プロローグ

私は、普段はNaomi Angelという名前で、宇宙の光のエネルギーをビジュアル化し、地球へその波動を伝える スピリチュアル・アーティストとしての活動をしています。

本家のブログはこちら

ここはNaomi Angelの裏ブログです。
このブログは、自分に起こったスピリチュアルな事柄を忘れずに記録していくために始めました。

19XX年5月 誕生。 生まれつき難聴。 2才頃にそれが発覚し、補聴器をつけ始めるが、言葉を覚えるのが遅く、子どもの頃はかなり苦労した。 絵がとっても大好きで、幼稚園に上がる前から絵を描いていて、幼稚園でも、学校でも、外で遊ぶより、一人で室内でお絵描きを楽しんだ子どもだった。

小学校にあがったくらいから、左肩にほくろが5つできていることに気がつく。 その後、急にどんどん数が増えて星座のように、ある形が作られていった・・・ 中・高校生くらいで、その形は完成された。

1994年12月に、天使の街Los Angelesにて、人生で初めて、スピリチュアルなメンターに出会う。 人格的にも素晴らしい方で、「私の人生の先輩となるべき、素晴らしい人だ! この人からたくさん学ばなければ」と直観した。
それまで、まったく自分には霊感というものはないと思っていたが、この方に手相を見てもらったとき、「お前は、霊感が強いよ。 二つ仕事を持つが、どちらも成功する。」といわれる。
その後、自分のスピリチュアルな能力を開いてくれるメンター(先輩)はどの人か、ひと目見ただけで、あるいは、その方が書いた本を読んだだけで、見抜くことができた。 どうやら、これは、クレアコグニザンス(透知力)かもしれなかった。 なぜなら、何人かの素晴らしいスピリチュアルなメンターたちに出会えたが、すべて、そのとおりに、私の素晴らしい指導者となったから。

1996年秋ごろ 初めて、心理療法(メンタル・クレンジング・ワーク)を受け、いきなり、現世のヒーリングを通り越して、前世の記憶へ意識が飛んでしまい、地球での前世のヒーリングを数回経験し、その直後、クレアセンシェンス (超感覚)が一気に開く。(このとき、外に出られないほど、エネルギーを感じ取ってしまい、途方にくれたが、なんとか、回復、数年後は、コントロールの仕方もわかるようになってきた。) ほぼ同時期に、予知夢など、クレアボヤンス(透視力)も開き始める。

2004年2月14日 1995年12月に亡くなったいとことのチャネリングを体験。 天国のエネルギーというものを体験。

2004年夏 瞑想中に女性の天使が現れ、「あなたはよくがんばった」と抱擁してくれたような・・・そんな体験をする。 ほんの一瞬のできごと。

2006年か2007年くらいに、左肩にある、星座のようなほくろが、翼越しにふりかえる天使の形だと気づく。

2007年の10月からスピリチュアル・アーティストとして、活動を開始。

2009年に入ってから、これまで描いてきた絵に次々と不思議なシンクロが起こる。

2009年8月10日 天使・ハイヤーセルフ、そして、知的な仙人のようなマスターが現れ、対話を初めて経験する。 この時にクレアオーディエンス(透聴力)が開花し始めた模様。

2009年5月2日から 自分が描いた半人半ドラゴンの女神に導かれて、いろんな叡智を授かるが、2009年8月18日に、じぇいど♪さんの「なにが見えてる?」というブログに導かれ、読み始める。

2009年8月25日、「なにが見えてる?」のブログの中で登場する、クリスタル・ローズ・ガーデンという、宇宙空間に浮かぶ施設へのアクセスに挑戦。
初のアストラル・トラベルを体験♪ (当ブログはこのあたりからスタート。)

2009年10月1日、まさに願ったり叶ったりのタイミングで、「なにが見えてる?」が主催する、ドラゴンと一緒に宇宙を旅する(アストラル・トラベル)「第四回なにみえ遠足」という大がかりな企画の募集が行われ、応募する。

2009年10月25日、479名の応募者の中から、100名のメンバーのうちの一人として、当選。

2009年11月14日、なにみえ遠足に参加し、その後、2010年1月24日までの約2ヶ月間、上級編(ドラゴンに乗ってアストラル・トラベルをする上級トレーニング)に参加。
この時に、2009年8月10日に私のところに現れた仙人のようなマスターがアシュタールさんで、対話した天使さんがラギュエルさんだと判明。 なにみえ遠足に私を導いたのもすべてアシュタールさんのはからいだったということがわかった。

2010年1月24日、なにみえ遠足卒業。 (2010年2月、なにみえ遠足の募集は第四回をもって終了。)

「なにが見えてる?」から派遣された、美しい西洋のドラゴン“ANAN(アナン)”と一緒に芸術活動をしながら、楽しい日々を過ごしています。

私や私の守護ドラゴンに起こったこと、天使との対話、そして、不思議な体験など、忘れないように、記録していくことにしました。

※ご注意※
くれぐれも、アストラル・トラベルで見てきたことは、今後に起こるシンクロ等、照らし合わせることができるように記録するためであって、これから書いていくことは、本当に単なる記録であることをご了承のうえでお読みください。
読み物として楽しんでください。
また、このブログは、私自身の体験を記録するものであり、決して、皆さんに対して、指導するものでは全くございません。 経験からこうした方がいいかも、ということは書いていますが、それも、あくまでも、私の経験です。 参考にするかどうかのご判断は、ご自身でしっかりご判断されてください。
それから、アストラル・トラベルは、いわゆる幽体離脱なので、自己管理がちきんとできる人でないとおススメできません。 エネルギー体で移動するので、エネルギー体の浄化が十分にできていないと、同じ周波数(同じ高さの波動)のエネルギーのものを引き寄せるので、自己浄化・ヒーリング、そして、メンタル状態を良い状態にキープする必要があると言えます。
精神科に通っていらっしゃるお方や妊婦さんは絶対にしないように気をつけてください。 (命にかかわる危険性があるからです。)

4つのクレアについて
透視力 = クレアボヤンス Clairvoyance
透聴力 = クレアオーディエンス Clairaudience
超感覚 = クレアセンシェンス Clairsentient
透知力 = クレアコグニザンス Claircognizance