クレアセンシェンス(超感覚) 6

私のクレアセンシェンスのお話はこれで最後!

クレアセンシェンスが開いてしまうと、最初、パニックになりやすいと思います。
「大丈夫!」って自分に言い聞かせて、まずはゆっくり休むことが大事。 慌てないことですね。
今日(といっても9/10)、たまたま、知り合いからお借りしていた「エンジェル・メッセージ」(ドリーン・バーチュ著)という本を読んでいたら、クレアセンシェンスの章のところに、負のエネルギーの防御の仕方や、浄化のことが書いてありまして・・いくつか紹介させていただきます。
(※100%確実ではないけれど、かなり効果があるだろう・・と書いてあります。笑)

□負のエネルギーから自分を守る
■音楽をかける
音楽はバリアーのようになって、私たちの体をエネルギーで包んで守ってくれるそうです。
ストレス感じているときなど、絶えずかけるとよいそうです。
※ちなみに、私のおすすめはLiberaというソプラノボーイたちの歌です。 これは、創作の時にも必ずかけていますが、不思議と場のエネルギーは浄化されるような気がしますし、天使を呼びやすくなる気がします。 Mixiの天使コミュでも、奇跡を呼ぶ歌として、話題になっています。 (動画は本ブログで紹介♪) そしたら、この本でも、なんと、低いエネルギーの存在は高い音は出せなく、高次のエネルギーしか高い音は出せないということが、書かれていました。 それから、前に、一緒に東京でコラボさせていただいた方が、ティンシャというチベットの鐘を使って、浄化をされていたのですが、その高い音が鳴るたびに、クライアントさんから出ていたマイナスのザワザワしたエネルギーがスーッと浄化されて、気持ち良いエネルギーが部屋に広がりました。 高い音って本当に浄化作用あるんだなぁ・・と見ていて、感心したことがありました。 音楽は音楽でも、ネガティブなテーマの音楽はやめた方がいいと思いますけどね。 ポジティブなテーマの癒し系の音楽がいいと思いますよ。^^ これも天使に聞くと、選んで教えてくれるそうですよ。
■ピンクの光で体を包む
ピンクの光は、愛の波動を相手に送っていることになり、また、この光を通れるのは、愛と本質だけ。
相手と接するとき、自分を全身ピンクの光で包むのをイメージすると、相手を癒すと同時に、相手の負のエネルギーから身を守ることができるそうです。 

□負のエネルギーを浄化する
■身近に植物を置く
広葉樹がいいそうです。 針葉樹はダメ。 ベッドの脇に置くといいそうです。 ヒーラーの人は、仕事場にも置くといいとか・・・
■エネルギーの鎖を断ち切る
これはエーテルコードを断ち切るということです。 自分につながれているエネルギーのコードをエーテルコードと呼びます。 これがつながっていると、負のエネルギーを受けたり、自分のエネルギーが吸い取られてしまうのだとか・・ 大天使ミカエルにお願いして、不要なエーテルコードを断ち切ってもらいます。
■自分の内部にたまった不要なものを空にする
大天使ミカエルを呼んで、ホースで、自分の内部にたまった不要なもの(哀れみや、間違った自己批判、恐れなど・・)を吸い取って浄化もらう。 そのあと、ミカエルが白い光で、空になった部分を満たしてくれるのだそうです。

より詳しくは、ご本をお読みください。^^ この本は、クレアボヤンスクレアオーディエンスなど、他の力を促進するトレーニング法なんかも載っています。

私なりの対処法は・・
■とにかくたっぷり睡眠をとる。
■夜更かしはしない。(自律神経は昼はたらいてくれる「交感神経」と夜はたらいてくれる「副交感神経」があります。 このリズムを乱さないようにするために、夜22時以降~朝までは、交感神経を休ませるために寝る。)
■水をいっぱい飲む。 (浄化を促すそうです。)
■心や体に優しいことをする。 心に優しい映画、本、自然の中の散歩、温泉、体に良い食事、など。 本は姫乃宮亜美さんのご本、おすすめです♪ 行間から、光がほとばしる、美しい、温かいエネルギーが流れてきます。 読むだけで、心が浄化され、温かくなります。 とても大好きなお方で、私にとって、尊敬する、スピリチュアルなお方です。
■ネガティブな情報は見聞しない。 ネガティブなニュースや映画は見ない。 ケンカをしている人のそばを離れる、とか。笑 愚痴を言う人からも、なるべく離れましょう。 どうしても離れられない人は、ピンクの光をおためしあれ・・。
■自分もネガティブな感情は持たないようにする。 自分の中から光輝いているイメージを意識する。
■自然に触れる。 自然からパワーをたくさんもらう。
■リラックスする。
■浄化に天然の塩を使う。 天然の塩で重いエネルギーを感じる体の部位を揉む、頭からパラパラかける、天然の塩を大さじ1くらいをいれた入浴をする。
■汗をかく。 汗はカルマなどをデトックスするエクトプラズム効果があるので、半身浴やウォーキングなどで汗をかく。(追記 2013/8/8)

こんな感じでしょうか・・・

Please follow and like us:

クレアセンシェンス(超感覚) 5

いきなり、昨日は裏ブログ(ここ)の訪問が100人を超え、びっくり・・・ どうしたんでしょう・・
ここ始めてからアクセスはうなぎのぼり・・
こっそり始めたつもりが・・・笑
でも、ご訪問ありがとうございます。^^ よかったら、ブログランキングのバナーもクリックしていってください。 ありがとうございます♪ そして、毎回、クリックしてくださっている方へ、いつもありがとうございます♪

*******************************************************************

ちょっと余談ですが、
プロローグに、
「1996年秋ごろ 初めて、心理療法(メンタル・クレンジング・ワーク)を受け、いきなり、現世のヒーリングを通り越して、前世の記憶へ意識が飛んでしまい、地球での前世のヒーリングを数回経験し、その直後、クレアセンシェンス (超感覚)が一気に開く。」
と書きましたが、

たしかに、メンタル・クレンジング・ワークが、大きく影響している部分もあると思いますが、
最初のきっかけは、いとこが亡くなったことだと思います。

どこから、エネルギーを感じ始めたのか(クレアセンシェンスが開いたのか)、境界線がよくわからなく、もう、13年も前のことなので・・・

一生懸命記憶をたどったのですが、
クレンジング・ワークを受ける前にも、ちょっと、「感じた」部分もあったような気もするし・・・ ワーク受けてから、かなり開いたとも言えるし・・ どこからだろう??? と、もう、断定ができません・・。 (どうでもいいか・・笑 原因とか、しっかり探ろうと思ったのですが・・どうでもよくなってきた・・笑。)
まぁ・・とにかく、クレンジング・ワーク受けるときはすでにクレアセンシェンス開花直前だったということでしょう・・・

一応、メンタル・クレンジング・ワークとは何か、説明しますと、
メンタル・クレンジング・ワーク(精神的浄化作業)は、潜在意識にたまった、幼少からのトラウマや心のしこり、前世からのカルマを外へ出して、浄化する一種の心理療法です。 カウンセラーに誘導してもらって、自分で浄化処理を行っていきます。 そうすると、魂(?これが、エーテル体になのか、メンタル体になのか、コーザル体になのか、よくわからないので、「魂」にしておきます。)に付着した、いらないゴミが取りのぞかれることになるので、フィルターが綺麗になり、本来の自分(光の存在の自分=真我=ハイヤーセルフ)らしく生きられるようになっていく・・というものです。

普通は、現在の人生におけるトラウマをほぼ全部浄化してから前世療法へ進む人が多いらしいのですが、私の場合は、現世のトラウマをヒーリングしようとしたら、いきなり、前世の記憶へ飛んでしまいました。 そして、地球上での10個くらいの前世のヒーリングを行いました。

おそらく、カルマをいくつか浄化したおかげで、フィルターとなっていた汚れがとれ、いくらか、クリアーになったのでしょう・・ そして、本来の自分の力(クレアセンシェンスやクレアボヤンス)がより、前面に出て来た、とも言えるのかもしれません。

長くなってしまったので、次回、クレアセンシェンスが開いてしまった時の対処法(浄化や負のエネルギーの防御方法など)載せて、このシリーズをおしまいにしたいと思います。

そうそう、本ブログに実は、言霊(ことだま)の力、というので、記事を載せたことがあるので、ここにリンクを貼っておきますね。
言葉にもエネルギーがあります。^^
皆さんの生活の中でも、大変役に立つと思います。 (でも、すでに知っていらっしゃる方が多いかもしれませんが・・)

言霊 (ことばの力) Vol.1
言霊 (ことばの力) Vol.2
言霊 (ことばの力) Vol.3
言霊 (ことばの力) Vol.4

つづく

Please follow and like us:

クレアセンシェンス(超感覚) 4

2002年に、クレアセンシェンス(超感覚)が過敏になってしまったとき、

もうひとつ、不思議な体験?をしたのですが、
自分の心の状態で、体の状態も左右されるのがわかりました。
闇のエネルギーと光のエネルギーによって体の反応がものすごく違うのです。

どういうことかというと、

自分が、誰かに対して、不満の気持ちを持ったり、責めたり、人のせいにしたりすると、もう、漫画みたいに、ヘナヘナって倒れちゃうんです。笑 心が闇の部分のエネルギーになると、つまり、ネガティブになると、立てなくなるくらいに、苦しくなる。
逆に、光の部分のエネルギーを感じたり、考えたり、改善しようと謙虚な気持ちや、ポジティブになると、すーっと体が楽になるという、まあ、心を磨かざるを得ない、ずいぶん厳しい試練がありました。笑。
「そうか、闇のエネルギーはこんなにも生命力を奪うんだな・・」と体感し、逆に、「光のエネルギーは本当に心地よく、生命力があるし、幸せなエネルギーで満ちている」ということを学んだのでした。 
今は、なるべく、心身ともに、光の部分のエネルギーを感じる方向へと意識しています。

とはいえ、闇だって、必要な役目を持って存在している。
それは光へみんなが戻るために・・・。

闇(つらい経験)があるおかげで、光(幸せ)のありがたさがわかる・・・

それを私たちが体験できるように、そのために、闇が存在している。

一つの光から宇宙が生まれて、分離の世界(物質界)が始まったとき、光と闇も誕生した。
闇は、光をひきたてるために、生まれたのです。

そして、今は宇宙はワンネスへ向かっているので、もともとのひとつの光へ戻ろうとしています。
つまり、闇も光と統合し、ひとつの光になるといわれています。

ま、この辺のお話は、私もまだ勉強中です。^^

今、「ワンネス」というタイトルの絵を描いていて、普段使わない、濃い色、「黒」と「濃紺」を使って、宇宙を描いていたのですが、この闇の色のおかげで、星のまたたきや、銀河の輝きが引き立つんだなぁと思いながら描いていたら・・ この光と闇の統合のお話に出会ったのでした。

つづく

Please follow and like us:

クレアセンシェンス(超感覚) 3

それから、だいぶ回復したころ・・・

霊感が強い他の親友(彼女はポジティブで、人柄もとても素晴らしくて、私の尊敬する人でもある)に会ったとき、彼女も同じような経験をしたらしく、
「私もしょっちゅうあったよ~! それは自律神経がおかしくなっているから、でも、医者から処方してもらう薬は止めておいた方がいい。(← たしか副作用がすごいからという理由だったかと思います) 1週間休みをとって、ひとりで、ゆっくり穏やかな時間を過ごして、自分の心が楽しくなることをするといい。 楽しくなる映画とかみたり、心にいい映画をみたり、いい音楽を聞いたり、ゆったりお風呂に入ったり・・・ね。 自律神経が乱れると、初めは泣きっぽくなるのね、それは、最初のサインだから、そしたら、すぐに休むこと。」と、やはり、同じようなアドバイスをくれた。

ああ、もっと早く聞いとけばよかった・・苦笑。
でも、まさか他にもいたなんて知らなかったので・・。
ましてや、彼女は、人に弱みを見せない人だったから・・びっくり・・。
(でも、逆に、人に弱みを見せない人ほど、経験している人が多いかもしれない・・)

そうか、自律神経がおかしくなっていたのか・・ (もちろん、クレアセンシェンスも開いてしまっていたと思うけれど・・)
部屋から街へ出られなかったとき、私は、早死にするんじゃないかと正直思いました。笑。

最初、やたらと泣きっぽくなり、でもそれでも、無理して働き続けたりすると、手足がしびれてくるので、そこまでいくと、外に出られなくなるほど、悪化してしまうので、泣きっぽくなった時点で、1週間くらい仕事を休んで体を休めること。 そして、ゆったーりひとりで過ごすこと。

1週間も?って思うでしょ?
でも、しびれ始めてしまうと、最低1週間は休まないと元に戻らないんです。

実はこの時も、母に、「先生(修験者)に『1週間休みなさい』ってアドバイスを受けた。」と電話で報告したら、「1週間も会社休めるの?!」というので、「そうだなぁ・・そんなに休んだら悪いかなぁ・・」と気になって、2、3日くらいしてから会社に行ったら、悪化して、結局、その後さらに1週間休むことに・・ 苦笑。

今では、悪化しないように、対処法がわかっているので、おかげさまで、もう、そんなことはなくなりました。
そして、以後、自覚して、無茶をしないように気をつけるようになりました・・・笑

自分は、ヤワなんだから、無茶をしちゃいけないんだと・・ (特に自律神経が弱いらしいですね・・ 人五倍エネルギー受けやすいらしいし・・笑)

さて、こんな経験をしてしまったものですから、

すべてのものにはエネルギーが存在する、と、身をもって知ったわけです。

文字どおり「身をもって」・・・。

だから、私は、感情を絵にぶちまける、という描き方は、選ばないのです。

そんなわけで、絵からも、光のエネルギーが溢れて、世界を愛と優しさの光のエネルギーで満たせるようになったらいいな・・と思って、スピリチュアル・アーティストとして活動を始めたのでした。

今では、クレアセンシェンスはある程度、コントロールができるようになりましたが、
でも、やっぱり、時々感知してしまいます。 身の危険を感じるときとか、逆に、「わぁ、なぁに? この人、光のエネルギーが溢れてる!!」とものすごく素晴らしい人に出会ったときとか・・・

でも、これは、仕方がないというか、私には必要な能力だと気が付きました。

なぜなら・・

全てのものにエネルギーが存在する、ということを知るためだったのと、(色にもそれぞれエネルギーあるんですよ~!)
もうひとつ、
その後の変容に、とても役に立つことがわかったからです。

今回、アストラル・トラベルを意識的に挑戦してみた時に、肉体とアストラル体のバランスがずれる感覚というか・・、何か「浮いた」感じがして、落ち着かないのと・・ こんな状態で、ネガティブなエネルギーを受けたら、ひとたまりもないと直感して、エネルギーをコントロールできる力がどうしても必要だ・・と思いました。

エネルギーをコントロールする方法を身につけること・・・ それはアチューメントを受けることでした。

そして、アチューメントを受けるにあたって、エネルギーを伝授していただく時に、このクレアセンシェンスが最初に開いてくれていたおかげで、エネルギーの動きがわかるのでした。

また、2009年8月10日にクレアオーディエンスが開いてしまったときに、本当に宇宙意識のものなのか、判断するのに、エネルギーで判断することができたのでした。
(高次元のものなのか、そうでないのか、エネルギーがわかるのは本当にありがたい・・。)

なるほど、ちゃんと、順番に用意されていたんだ!

だから、私には、クレアセンシェンスが必要だったのです。

つづく

Please follow and like us:

クレアセンシェンス(超感覚) 2

倒れてから、10日間ほどの間、自分の意識があったり、なかったり・・
なにが自分に起こっているのかよくわからなく、生死をさまようような感覚で、あの世へ連れて行かれそうになったり、戻ったり・・?
現実なのか?と思ったら、夢だったり・・・
夢なのか?と思ったら、現実?だったり・・・・
無意識になぜか、アカシックレコードにアクセスしてしまったり・・?

そんな中で、予知能力?(透視能力?)も目覚めたのか、だんだん、意識がはっきりしてきたころに、母が隣の部屋から、私が寝ている部屋へ向かってくるのが、頭の中で、リアルに映像で出てきて、「あ、今、ドアを開ける!」と思ったら、本当に映像と同じタイミングで、母が部屋の中に入ってきたことがあった。
「今・・、入ってくるのが、向こうの部屋のところから見えた・・。」なんて弱々しい声で、母に言った。

※ いつでも、こんな透視能力があるわけではありません・・笑。 この時は感度が良すぎていたようです。

修験者の人に、遠隔治療とお祓いをして助けてもらって、ようやく、元に戻れたのですが・・

倒れてから10日間で意識が正常に戻り、その後、およそ、3週間~1か月くらいで、社会復帰できました・・

あの状態になると、普通は、10日間では元に戻れなくて、1か月くらいかかるし、その後もすぐに社会復帰なんてできないだろう・・とのこと。 (ちょっと遠まわしな表現ですが、「あの状態」というのは、「お祓い」が必要な状態でもあったのです。 心がポジティブだったら、「お祓い」は必要ではなかったと思います。 具体的に言うのは止めておきますね。笑。)

私の場合は、武道で精神を鍛えていた部分があるから、すぐに戻ってこれたのではないか・・とのこと。
本当かしら?笑

修験者の人いわく、私は、人五倍エネルギーを感じてしまうのだそうだ。
人や物のエネルギーのみならず、言葉からのエネルギーも人五倍受けてしまうとのこと。

人五倍???
こんなんで、私はまともに生きていけるのかしら???

と私はちょっと心配しました。

とはいっても、その後は、街を歩いても、エネルギーを全部感じ取るということはなくなって、普通に歩けるようになりました。

でも、普段、元気な時でも、極端にネガティブなエネルギーのそばにいくと、感知するし、神社のような神聖なエネルギーも、意識しなくても感知したりします。
そして、極端ではなくても、長時間、ある程度のネガティブなエネルギーの中にいると、体が疲れたりします。

どうやら、肉体的な疲労が重なったときや、寝不足が続いたときは、ものすごーく感度が高くなってしまうようです。 (ガードがなくなるからかな・・?)
肉体的に、健康で、疲労が溜まっていなければ、普通に街を歩けるようです。

実は、その数年後、2002年に、2度目の、また外に出られなくなってしまうほど、街中のエネルギーを感じてしまう経験をしてしまうのですが、
その時も状況的に、過酷な仕事状況と環境だったので・・(これも、自分が引き寄せたのですけれどね・・ でも、おかげで、そこで、生涯、素敵な親友とも言える、素晴らしい友達に出会うことができました。)
例の修験者に相談したら、「1週間休みなさい。 一人で過ごしなさい。」とアドバイスをいただきました。
「親しい友達と食事するだけなら大丈夫ですか?」と聞いたら、「それもだめです。 一人で過ごした方がいいです。」とのこと。 えええ~?
つまり、相手に気を遣いすぎたり、またエネルギーをしょいこんだりして、治らない、ということらしいのですが・・

(ちょっと暗い内容でごめんなさいね・・)

つづく

Please follow and like us: