一新

ほんとは、ただのつぶやきのような日記です。 ここ、1ヶ月以内に更新をしないと、広告が表示されてしまうのよ。笑 だから、とりあえず、書いてみるという感じ・・。 とりとめのない記事です。
6月にパワーブレスを自分で石を選んでお店でつないでもらったのですが・・
もともと、去年あたりから既に、今年の夏に引っ越しをしよう!と決めてはいたのですが・・
それにしても、それだけじゃなく、私の身辺のいろんなものがリニューアルになり、言葉通り、『一新する』といった感じだ。
表ブログにも書いたのですが、
7月で、住む家、住む土地、家具、携帯が変わっただけでなく、11年使った補聴器も新調することになったのも、不思議なタイミング。
なにも、こんなにたくさんのものを一度に新調するなんて・・って、普通の物理的な感覚では思うのだけど・・ 
エネルギーが大きく動き出しているのがわかる。 うん、2011年は、2012年を迎えるために、大きな変化の年、飛躍の年だとは、自分の中でも感じていて、行動しなきゃ!変化しなきゃ!という思いはあったのだけど。 (2012年に具体的に何が起こるかは、私もわからないけども・・・ なんとなく、今リニューアルをしておかないとな・・準備をしておかないとな、という思いがあった。)
6月の石選びも実は、私の中では、ここ数年で久しぶりのできごとでした。
新調したパワーブレスには、直感で「レムリアンシード」を選んでいましたが・・
地球の掘り出しものやさんのページでの説明では、
レムリアンシード
身に着けるとすぐに共鳴し、深い癒しをもたらす。潜在能力を開花させ自分が生まれてきた本当の役割を見出すことができると言われています。非常に強く清らかな力をもつ全能の石、強い心を養い、より高貴なステージへと導くと言われております。

とあり・・ 「より高貴なステージへと導く」という最後の一文が、うん、まさに今、ステージを上がっていくかんじだなぁ・・と思った。
住む家が変わると、不思議と描きたくなるものも変わってくるのがわかる。 (って、まだ引っ越しの片付け・整理のために、作品にとりかかっていないけれど。 でも、明らかにこれから描きたくなるもののタイプが変わっていくだろうと思う。 湧き上がってくる構想が以前と比べてまったく違い、奇想天外な発想を思いつく・・)
今回の引っ越しは、本当に見えない光の存在たちに導かれ・・ まるで、私の宇宙とのコンタクトをより密にするために用意されたようなつくりだし・・(広いルーフバルコニーがある)、広くて綺麗な落ち着いた内装も、より集中して絵を描くのに良い環境を「与えられた」という感じだ。 (まあ、もちろん、より広く綺麗な場所、というのは、物理的にも強く願っていたことなんだけども)
もちろん、石を新調したから・・だけじゃないと思うし、それだけじゃ、ライフスタイルを変えるのは、不十分だし、本人の意識(引き寄せる力)もとても重要だと思う。
だから、石を新調するというのは、その人の意識の決定というか、意志を固める内面の儀式のようなものというか・・・ 意識をフォーカスするきっかけになるんだろうな・・と思う。 アンテナの向きを設定しなおすというか・・ 自分の波動を調整して、向かう方向を定めるというか・・・
私には、そんな感じがする。
何で、日本語で、石(いし)と意志(いし)は同じ発音なんだろう。 笑
でも、あれもこれもと揃えると、目的がごっちゃになって、混乱するから、やっぱり、選ぶときも、慎重に、丁寧に選ぶ必要があるなぁと思う。
だから、「石」は、「意志」で選ぶのだろう。
他力本願的にただ石にすがるために石を選ぶのではなく、一緒に精進・向上していく、という意志をもって石を選ぶ、石選びにはそれが必要だと思う。
今回、石を新調する時に、実は、目的が、チャクラのグレードアップと霊能力のグレードアップをサポートする、そういうアセンションパワーの強い石を捜し求めていたので、そのクンツァイト・4つの神獣の水晶・ブルームーンストーン・レムリアンシードのパワーブレスを6月上旬に手に入れただけではなく、ほかに、(原石やタンブルだけど)ハーキマーダイアモンド、フェナカイト、アゼツライト、ナトロライト、スーパーセブン、を6月の下旬に迎えていた。
これらは、サードアイ・チャクラやサイキック・パワーをグレードアップするための、ハイ・パワーの石たち。(どれもサイキックパワーをアップさせるが、スーパーセブン以外のその4つは、特にサードアイを強化する石として紹介されています。 そして、アゼツライト・フェナカイト・ナトロライトは、ハイバイブレーション・シナジー12ストーンに属する石たち。)
クンツァイト・4つの神獣の水晶・ブルームーンストーン・レムリアンシードの「女神のパワーブレス」(私が名づけた。笑)を身に着けただけでも、波動が調整されるというか、心地よい高い強い波動が身体に流れるのがわかって、すぐに、フェナカイトやその他のサードアイ・パワーの石を身につけるのは、ちょっと強すぎるかもしれない・・と、ちょっと慣れるまで、机の上に置いておいて、たまに、手にとって握り締めていました。
そろそろ、女神のパワーブレスも慣れてきたので・・ (というか、引っ越し等で忙しくて、意識する暇がそんなになかったのもあるけど・・笑) 
女神のパワーブレスに加えて、これらの石たちにもパワーサポートをよりお願いしようと思います。 本当はワイヤーペンダントでひとつにして見につけたいのだけど・・ちょっと大きすぎるかなぁ?笑
それから、お店で一目ぼれしたのが、アーモンド形に削った、石けんサイズのセレナイト。 触るとひんやりしていて本当に気持ちいいのです。^^ こちらは場の浄化と、感情の沈静化をサポートしてもらっています。
フェナカイト、ナトロライト、スーパーセブン、セレナイトなんて、初めて知ったくらいで、まだまだ未知の素晴らしい石がいっぱいあるのだなぁとワクワクしましたね。(←あ、私が単純に石の知識がそんなにないというだけの話なんですが)
なんだか、尻切れトンボになっちゃった・・ またよろしければ、ブログランキングにクリックをお願いいたします♪ ↓

Please follow and like us:

肉眼でもオーラが見えるようになった

父から肉眼でオーラを見る方法というのを言うのを高校のときだったか、大学生のときだったか、忘れたけど、教わっていたんだけれども、
それは、手の指を白い紙の上にかざして、見てみると、指先の周りに明るい透明な膜みたいなものが2~3ミリくらいの厚さでできるのだけど、さらにずーっと見ていると、ちいっちゃな泡みたいな粒子がその膜の中で循環するように動くのが見えてくる。(これは比較的だれでもすぐに見れるから、試してみてね。笑)
うちの父は、幽霊とか、天使とか見える人じゃないんだけれど、かなり若いころから精神世界を探求してきた人。(なんちゃってすごいことをしている人なんだけど、ま、その話はちょっと横においといて、と。)
父は、自分が霊視力というのがないので、かなり科学的見地からスピリチュアルを探求してきた人なんだけれども、オーラは肉眼で見えるというのを私に教えてくれた。
で、薄い膜のオーラは私もすぐに見えたんだけど、
いつの頃からだろう、2008年とか2009年とか、そのあたりかなぁ?
私が尊敬するスピリチュアル・メンターの姫乃宮亜美さんの講演会のときに、講演会場が、壁も床も天井も白いところだったのだけど、聴いているお客さんたちの身体から黄色というか金色のオーラが立ち上るのが肉眼で見えました。身体の輪郭から10cm~15cmくらいのオーラ。 ぼわーんと光に包まれて不思議な光景でした。
目の錯覚というか、残像なのかな、と思ったのだけど、
その後、背景が一色のところに立った人のオーラが肉眼で見えるようになってきた。
面白いと思ったのは、映像を通して、オーラが見えたこともあった。
映像の中で、二人の男性が濃い緑(黒板だったけかな?)の背景の前に立って話をしているのだけど、片方の人だけ、ぼや~っと身体の線から15cmくらいの大きなオーラが見えた。黄緑色に輝いていた。
そう、その人は、魂の講演家、という肩書ももっていたことがある、精神がとても素晴らしい方なんだけど・・
そしたら、もう去年あたりから、背景が一色であれば、他の人のオーラが見えるようになって、話を聞くよりも、そちらの方に興味がしばしば行ってしまうほど、はっきり見えるようになって、内心「ああ、私も、なんだか、オーラがいつのまにか、肉眼で簡単に見れるようになったんだなぁ~」なんて思っていて・・。笑
でも、オーラの層の厚みには個人差があると思う。
まだちゃんとたくさんの人のオーラを観察しているわけじゃないけど、やはり、ライトワーカーの人はオーラの層が厚いので、わかりやすい気がすると思った。
どうやら、私も霊視力がさらに進化しているようだ。

Please follow and like us:

たんたんさんが感じた、私のパワーとは (つづき)

前回の記事のつづきです。
前回の記事で、表ブログでも、まじめな話のときは時間がかかると書いたけど、実を言うと、メッセージがだ~~っと降りてくるようなときっていうのは、文章もどんどん湧き出るように、どんどん書ける。
もちろん、その後で、何度も表現のチェックや、誤解されないようにわかりやすい説明になっているかどうか、文のチェックをしている。
そうそう、ふっと何気なく書いた、ブログの趣旨と一見、関係なさそうな記事でも、実は重要なシンクロだったりすることがあったから、(たとえば、VITASの動画を次から次へ紹介したくなってアップしていたら、その数日後、VITASの日本オフィシャルサイトに私のブログのバナーが貼られることになった、だとか。)
やっぱり、ふっと湧いたものは書くといいときもあるなぁと思う。
そう、この「ふっと」という「何気なく沸き起こる」ものっていうのは、意外にすごい重要なメッセージだったりする。
絵のビジョンにつながったり、あるグループの名前の名付け親になったり、素晴らしい出会いのきっかけ(仕事だとか)になったり。
長距離の電車の中で、ぼーっとしているときや、
長いエスカレーターで上へ上っていくときとか、
そういう息を抜いたとき、リラックスするときに、ふっと、ビジョンや言葉が浮かんでくる。
表ブログも、あまり、気負いせずに書いていけばいいかな・・笑
でも、情報を引用するときは、ちゃんと情報源確かめる、あるいは、その人のエネルギーを確かめる(人柄がどんな感じだろうか・・ニュートラルな考えをしているだろうか、等)、という作業は必要だなぁと思うけれど。
そうそう、今回の記事とは話題がちょっと違うんだけど、
最近、本当に、イメージしつづけたこと、頭の中の映像って、現実化しやすいと思う。
最近、映画を見ていると、その映画と似たようなエネルギーのものを体験してしまったりする。 まったく同じではないけれど、つまり、映画と似たような体験をする傾向があると感じた。
2011年はもしかすると、本当に、自分がイメージする内容に気をつけていく必要があるかもしれない。
常に意識して叶えたい状態を描くように心がける、ということ。
そんなわけで、2011年は、自分が体験したいと思える、良い内容、良いエネルギー、明るく楽しくハッピーな映画だけを観よう、と、昨日決意した。

Please follow and like us:

たんたんさんが感じた、私のパワーとは

たんたんさんのセッションを去年の暮れに受けたとき、
(そのときの様子は、こちらから、1~5まで続いています。)
たんたんさんに、
「あなたは、非常にパワーがある」
と言われたのですが・・
そのとき、私も、聞けばよかったのですが、
後日、友人たちに話すと、
「どんな、パワー?」と聞かれて、
あ、ほんとだ、どんなパワーか、そういえば、ちゃんと確認しなかった・・ と気づき・・笑
それで、たんたんさんに、もう一度お伺いしました。
たんたんさんいわく、
Naomiさんのパワーについて、私が受け取ったイメージは、
コミュニケーションに関するエネルギーがひじょうにパワフルである、
ということ。
さらに表現に関するパワーも強いと感じました。
具体的にはたくさんの人に対して、情報を発信したり、
あるいは御自身で受け取った情報やエネルギーをたくさんの人たちに
シェアすることにつながるパワーだとおもいます。

とのことです!
なるほど、そうなんですね!
自分の推測では、思いを現実化させるパワーがあるのかなぁと思ったのですが、
コミュニケーションに関するエネルギーのパワーと、表現に関するパワーだったようです。笑
そこは、自分でもあまり認識していませんでした。
でも、とても嬉しいお知らせでした♪
私が発言したことって、今、どのくらい影響力があるのだろう・・・
今の私は、たとえば、ブログでは、
Naomi Angelとして、光の存在とつながりながら伝えるときと、
素のままの(未熟な)人間としての状態で伝えるときと
交互にあるのだけれど・・
なんとなく、最近、
それらを混合させると、光の存在たちからのメッセージ的なものはいいけれど、
そうでない部分も、「Naomi Angelさんが言ったから」と影響を与えてしまっていたら困るよなぁ・・
とちょっと思っている。
ここ裏ブログはどちらかというと、素のままの自分で書いているけれども・・
また、記録形式のスピリチュアル・ダイアリーなので、シンクロや、サインの意味がわかったものだけを書いているのではなく、ビジョンの意味やサインの意味が、まだはっきりわからない状態、確証的ではない部分も、とりあえず、あとでシンクロが起きたり、意味がわかるかもしれないので、記録している形式になっている。
また、おおっぴらにはいえない、ぶっとんだ話も裏ブログに書いている。
対して、表ブログは、それなりに、自分の中で、ビジョンと現実とのシンクロがあったもの、サインの意味がはっきりとわかったもの、
かつ、たくさんの人に伝えたい内容のものを書いている。
それと、スピリチュアル・アーティストとしての活動の記事になっている。
まあ、つまり、公に書いてもいいだろう、と思ったものを書いているつもりなんだけれども・・
表ブログは、最初、かなり気を使ってぶっとんだ話を控えめにしてきたけれど、ここ最近は、裏ブログで書いてきたようなぶっとんだ話も、挿入するようにはなってきましたが・・・。
まあ、シンクロがはっきりあって、伝えても大丈夫だろう、というのを前提に、選んで書いているつもりなんだけれど。
それはそれで、私はいいと思っているのだけど・・ (その世界では本当に起きている話だから・・)
それに加えて、表ブログでは、映画の評価だとか、日常のつぶやきみたいなもののときは、思い切り、素のときがあるので、
ちょっと考えたほうがいいのかなぁと思ったりする・・。
このブログに、この内容? というときが時々あるしね・・・ (たとえば、カンフー映画やアクション映画なんてそうよね・・笑)
でも、毎回、光の存在とのつながりに関する話やメッセージ性の話だと、つまり、まじめな話だと、
書く方も、気軽に・・というわけにはいかないので、表現に気を使うし、時間もかかるので、
毎日、毎回、というのは、ちょっと続かない。。。 気分の問題もあるし・・。 あと伝えるタイミングもあるし。
だから、気軽に書けるものも、たまに書きたいんだけれども・・。 (そういう時は、スピリチュアルの観点からというわけではなく、ただの感想です、ただのつぶやきです、って前置きしたほうがいいのかな。)
しかし、だんだんアクセス数が増えてきたので、(←おかげさまで)
何かを発信するときは、情報を紹介するにあたっても、情報源をしっかり確かめる、という作業は必要だなぁと、最近思う。
特に不安を煽りそうになる情報のときはね。
最近そんなことを考えています。
私も1ステージ上へあがるときが来たようです。
気軽に、日常の愚痴も(といっても、私の場合、愚痴をあまり書かないようにはしているけど)、思ったこともそのまま日記につづれるような、ただの1ユーザーではなく、メッセージの発信者として、そこまで気を配る人になっていく必要があるのかな・・と。
ちょっとプレッシャーだけど・・ そこまで気を配る人間になる必要はあるのだろうな・・。
事実、有名な人たちは、そういうことにも気を使っているだろうからね・・・
だから、有名な人たちは大変だなぁ~・・・ 有名な分、言動に気をつけなければいけないことがいっぱいあるのですものね。
ごくろうさまだと思います。
でも、裏ブログは、これまでどおりのスタンスでいきます♪ プロフィールでも書いていますが、私のただの記録なので、「読み物」として楽しんでいただければ、と思います。
今後ともよろしくお願いいたします。

Please follow and like us:

A Happy New Year ! ★重要な追記あり★

明けましておめでとうございます!
昨年はたくさんの温かい励ましと応援をありがとうございました。
今年もよろしくお願い申し上げます。
皆様にとって、キラキラ・ミラクル・ワンダフル・ハッピーで楽しい素晴らしい2011年となりますように!
表ブログでも宣言しているように、
私の2011年のテーマは、
ミラクル・ラブ! Miracle Love !
お正月しょっぱなから、導かれるように、それにふさわしい素敵な素晴らしい本に出会ったり・・
なんだか、とってもいいスタートです♪^^
2010年から2011年へ向かうエネルギーの流れの特徴は、
私が感じるに・・・
本当に、2010年で古いエネルギーにさよならをして、
2011年は洗練された出会いをし、それぞれ自分にとって最もふさわしい世界を生きていく・・・ 
そんなエネルギーの切り替えのように感じます。
私は12月から1月に切り替わるとき、つまりは2010年から2011年に切り替わるときに、それをまさに実体験しました。
つまり、もう波動の合わない人とは、別れて、波動の合う人たちとのお付き合いが続いていく・・・
または、自分の波動に会わせて新しい出会いをし、自分の世界を生きていく・・
自分の持っているエネルギーが再現された世界を生きていく、ということ。
または、志を同じくする人同士で出会い、お互いにパワーを高めていくということ。
これがすごく顕著になったと、私は感じました・・・。
華蓮さんも同じように感じているようです。
華蓮さんが教えてくれましたが、
(これはバシャール情報だったかな?? 情報源を忘れてしまいました。たんたんさんもブログで似たようなことを暮れに書いているかも。)
2010年から2011年の切り替え時は、もう私たちは、行き先がそれぞれ決まった、最終列車にのり、それぞれの世界へと旅立つようです。
それぞれの列車の行き先は、枝分かれして、列車が進むにつれて、列車同士がどんどん離れていく、ということです。 (住む世界がどんどん違ってくる・・ということ)
いったん列車に乗ってしまうと、なかなか別の列車への乗り換えが難しくなる・・というようなことも聞きましたが・・(『最終列車』だからでしょうか・・)
私は、12月の自分の体験を通して、
本当に、それぞれが、それぞれの世界へ向かっていくのをひそかに感じています。
他の列車に乗ってしまった人をこちらの列車に無理やり乗せようとしたり、自分が目指していない別の列車に無理やり乗り込もうとすると、エネルギーがギシギシと不快な音を立てて痛みを感じるというような・・
そんなかんじです。
(ま、これは、時代に限らず、ある意味、いつでもそうかもね。笑 特に今、それを敏感に感じるかなぁということ。)
でも、いい・悪いというのではなくて、それぞれが自分の信じる世界を選んで向かっているということなんですよね。
そんなことを感じたお正月でした。
だから、なおさら、自分の魂の声をしっかり聞き、エネルギーの法則、魂の法則をしっかり知って、自分を見失わないことが大切なのではないかなぁ・・と思いました。
そして、心に描くもの、心に抱えているエネルギーのこと、意識して気を配ることが大切だなぁと思います。
(具体的にいうと、実現してほしいことを心に描き、常にワクワクすることがポイントかな。^^)
ちなみに・・魂のしくみシリーズはこちら
いえ、決して怖がらせるつもりはまったくなくて・・
本当にそんなエネルギーの流れを感じてしまった・・という私のこころのつぶやきであり、日記です。
だから、あんまり、いろいろなことを憶測しないでくださいね~。
今回表現にあまり気をつかっていないから・・思いつくままを書いてみたので・・。
そんなわけで、今年もよろしくお願いいたします♪
皆様にとって、キラキラ・ミラクル・ワンダフル・ハッピーで楽しい素晴らしい2011年となりますように!
★追記★
最終列車のお話は、やはり、バシャール情報でした。
「未来は、えらべる! バシャール 本田健」という二人の対談の本からの情報のようでした。
そして、バシャールの言葉によると・・(上記リンクのブログから抜粋させていただきました。)
2010年から2015年の5年間が、パラレル・ワールドへのシフトにおいて非常に重要な時期です。パラレル・ワールドへの分化は、その人がどの周波数にいるか、またそのシフトをどのように解釈するかによって、ポジティブ、ネガティブ、様々な形で体験されることになります。
(中略)
こうしてつくられる独特の周波数をもった、たくさんのパラレル・ワールドは、2015年から年を追うごとに加速しながら、お互いから離れていきます。ついには、自分の波動が選んだひとつのパラレル・ワールドだけしか体験できなくなるでしょう。
そして、2100年までには、それぞれの世界が、ある意味では終着点を体験することになるのです。
(中略)
今皆さんの現実では、自分とは異なる周波数の世界も、ある程度は経験できるようになっています。しかし2012年から始まる分化が、2015年からさらに加速すると、自分の周波数以外の世界を経験することは、どんどん、どんどん難しくなっていくのです。
2033年から2050年には、自分が選択した周波数以外の世界のことなど、ほとんど聞いたことがないという状況になるでしょう。そして2100年には、自分が選択した周波数以外の世界を体験することは、本当に本当にあり得なくなります。それが、ポジティブであろうが、ネガティブであろうが、自分で選択した世界しか体験できなくなるのです。
(中略)
分化のスピードは、2015年からますます上がっていきます。それぞれのパラレル現実の世界がどんどん離れていって、お互いがお互いを体験することは、どんどん、どんどん、どんどん少なくなっていきます。
今はまだ、すべての列車が一つの駅に向かって走っています。しかし2012年からは、路線が切り替わりはじめます。そして2015年からは、今は同じ駅に向かっている列車の多くが、別々の路線を走り、別々の方向へ向かうことになります。
2025年から2035年頃までには、それぞれの路線は非常に遠く離れてしまいます。
それでも、しばらくの間は、まだ他の路線と交差しているものもあるでしょう。ですから、ある路線から別の路線に移ることはできます。しかし、そのためには、いったん列車から降りて駅で待ち、新たに切符を買って、別のパラレル路線を走る新しい列車に乗り換えなければなりません。
けれども、最終的にはお互いに乗り入れのない状態になります。ですから、何度も乗り換えなければいけなくなったり、相互乗り入れがなくなるまで、ただ何もしないで待つかわりに、私たちはこうお勧めします。
分化のスピードが速まる、この5年間の早い段階から、「自分の乗りたい列車」に乗っておいてください。すべての列車が駅から出発してしまったら、乗り換えはまず難しくなってきます。

なるほど・・・ほんとそんな感じがしています。
だから、今のうちに自分の乗りたい列車に乗った方がいいのね~。
バシャールのこのお話を聞く前から、うすうす感じていたので、なんだか、やっぱり・・という感じがします。

Please follow and like us: