本当に龍はいる。

裏ブログの更新、ほったらかしですみません!
表ブログにも書いたのですが、こちらにもコピペ。
9/14(土)~9/16(月・祝日)の三連休のことでした。
私は、群馬へ帰省しておりました。
9/14(土)の夜、母の塾の教え子さんとその奥様がいらっしゃって、
9/16(月)が結婚式だというので、母がお二人のブライダルエステのケアをしてあげていました。(※母は美容の仕事もしている)
とってもピュアな素敵なお若いカップルで、旦那さんの妹さんも見えて、私は皆さんとは、はじめてお会いしたのですが、とても楽しくお話しをさせていただきました。
で、そのカップルのお二人が、「9/16、台風が心配ですねぇ・・・」とおっしゃっていたので、私は、「晴れ女の私がいれば、だいじょうぶ。(笑) お祈りしておきます。」とお答えしました。
(奥様にも、イメトレをするようにお伝えしておきました。)
そう、私、いつのころか、気が付くと、大事なイベントでは必ず晴れる、強力な晴れ女になっていました。
ここブログ(←表ブログね)でも何回か書かせていただいていますが、
たとえば。
1999年から2007年の9年間、地元のお祭りの天狗神輿の踊り子ダンサーとして毎年、8月3日と5日に踊っていたのですが、
この地元のお祭り、実は、よく土砂降りの雨が降るんですね・・
でも、私はこの9年間一度も雨に降られたことがない・・
3日と5日、両日出ると両日晴れて、片方の日だけ出ると晴れて、私が帰ると雨が降る・・・そんなことがつづきました。
そうやって、私は一度も雨に濡れたことがないんです。9年も。
そして、なんと、そのあと踊り子引退して、応援側としてお祭り見に行くときも、私がいると必ず晴れる。
そう、今年も、8/3に私は行ったのですが、快晴。 そして、翌日帰ってしまったのですが、8/5は豪雨だったみたいです・・・^^; 不思議すぎる・・。
8/5に東京から見に来ていた友人にも母が「Naomiがいたら晴れてたのにね~」なんて言ってたようです。(笑)
毎年、お祭りに来たときは、私は、天狗様に手を合わせてご挨拶していたので、護ってくださっていたのかもしれません。
あ、でも、ほかの踊り子メンバーによると、豪雨のなかで踊るのも非現実的で気持ちがいいそうです。(笑)
雨は豊作をもたらすために降ってくれたのかもしれないですしね。(笑)
そして、2009年の秋、宇宙ドラゴンANAN(アナン)が私の守護についてから、晴れ女パワーはさらに強力になりました。
というのも、ANANは天候を操ることができるドラゴンだということが、一緒にいてコミュニケーションをとっているうちにわかったからです。
とはいえ、自分の都合だけで、頻繁に天気を動かすのもあまりよくないですし、そして、エネルギー体とはいえ、ドラゴンたちも、パワー(体力?)も使うので、魔法のようにぱちんと指をならしてすぐにできるというわけじゃなさそうなので、頻繁にお願いすることはしていません。
ここぞ、というときだけ。
そんなわけで・・・
今回は、ご存知の通り、大型の台風が接近していたので、
私のたんなる晴れ女パワーだけじゃ足りないだろうし、そして、ANAN一人ではきっと大変だ、と思ったので、
私は、お二人が帰った後、外に出て、天に向かって天候を操ることができる地元の龍神様と、ANANにお願いのお祈りをささげました。
地元の龍神さまは、そうですね、やはり、ビジョンに見えたのは大きな東洋龍でした。 (ANANは西洋ドラゴンの姿、翼がある)
そして、9/16(月)当日。
早朝、いったん、すごい風と雨だったようですが、起きてみると、台風は、近畿を通過し、これから都心、そして、北へ上昇してくる、というニュースが流れていました。
つまり、お昼の結婚式に直撃するかもしれないという状況。
母が「台風、直撃だよ、どうする?!」と舌打ちしてきました。
私は「奇跡はね、天気予報とは全く関係がなく起こるものだから。」と答えました。
それが、『奇跡』だもんね。
台風が私たちの経験に必要ならやってくるだろうし、そうでなければ、祈りは聞き入れられるだろう。
私は、そういうスタンスでいました。
すると、午前からお昼にかけては、ふつうに雨が降って、午後3時にはカラリと晴れてしまいました。 
群馬にいつ来るんだろう、って思っていたら、
母がニュースを見て「もう、今、とっくに福島のほうへいっちゃったんだって!」と伝えに来ました。
どうやら、台風の直撃は免れたようです。
すごいですね!
ただ、東京からのゲストさんは来られたのかどうかはわかりませんね・・ JRは全線止まっていましたものね・・。
どうだったのかしら・・。
龍神様とANANにお礼を伝えました。
皆さん、本当に龍はいるんですよ。

Please follow and like us:

草場一壽さんの虹色のウロコを持つ白龍 と 守護ドラゴンANAN その2

■ お知らせ ■
非売品だったNaomi Angelの原画を特別に販売スタート!
【第1弾】 Naomi Angelの原画販売
【第2弾】 Naomi Angelの原画販売
(こちらは表ブログに書いた記事です。 こちらにも貼ります。)
前回のお話のつづきです。
草場一壽さんのもうひとつの龍の作品「平安」もこちらからご覧いただけます。
写真をクリックすると次の写真に移り、色が光によって変わるところが見られます。
(でも、生で本物を観た方が、ぜんぜんいい! あの色の移り変わる瞬間の美しさは写真じゃ表現できません・・ 全国個展ツアーを開催しているようなので、チェックしてみてくださいね。)
草場一壽さん 虹色の龍 「平安」
陶彩画家の草場一壽さんが、そのギャラリーにいらっしゃったので、声をかけてみました。
そしたら、この虹色に輝く白いウロコを創るのに、研究に研究を重ね、試行錯誤に、なーんと20年もかかったそうです!
すごいですね・・
そして、この方にならお話しても大丈夫とちょっかんした私は、守護ドラゴンANANのことを話しました。
自分には白いドラゴンが守護についていること
その白いウロコが、まさに、草場さんの白龍のその虹色のウロコと同じで、光によって虹色に反射して色が変わること
それを見事に再現されていることに、涙が溢れてしまったこと
草場さんはきっと、観音様や龍神様が見える方なんじゃないかなぁ・・と思ったこと
それらを草場さんにお話しました。
すると草場さんは、
(観音様や龍など)イメージの中で、見えるんです。 龍のウロコはあそこまでに近づくのに20年かかりました。 そうですよね、あんなふうに虹色に輝いていますよね~
とそんな風におっしゃっていました。
それで、今回、観音様のハガキ6枚ワンセットになっているものを購入させていただきまして、その観音様の絵を一枚、草場先生に選んでいただいて、その裏にサインをお願いしたところ、
弥勒菩薩様を選んで「今は、この神様が降りてきているようですから、こちらにしますね。」とメッセージを添えてサインをしてくださいました。
Kusaba-san2.jpg
Kusaba-san3.jpg
↑ 弥勒菩薩様
Kusaba-san4.jpg
弥勒菩薩様・・ そう、私も、他のところから、マイトレーヤー=弥勒菩薩様が、今、この世界で人々の前に降りてきて、導いているという話を聴いていました。 というより、マイトレーヤーのメッセージを伝える人・ベンジャミンさんの講演にふらっと導かれて行ったことがありましたから・・笑
これもすごいなぁ・・ 草場さんがマイトレーヤー=弥勒菩薩様を選ぶなんて・・ってひそかに思っていました。
草場先生、とても、優しそうな、それでいて、とても意思の強い、信念の強さも感じられる穏やかなお方でした。^^
サインをいただいたあと、握手していただいて、そして、いつまでも、時間がゆるすかぎり、私は、虹色のウロコをもつ白龍を眺めていたのでした。

Please follow and like us:

草場一壽さんの虹色のウロコを持つ白龍 と 守護ドラゴンANAN その1

■ お知らせ ■
非売品だったNaomi Angelの原画を特別に販売スタート!
【第1弾】 Naomi Angelの原画販売
【第2弾】 Naomi Angelの原画販売
(こちらは表ブログに書いた記事。 裏ブログにも貼ります)
先日、銀座にて、草場一壽さんの陶彩画個展を観に行ってきました。
いやね、これは、もう、私の守護ドラゴンのANAN(アナン)のはからいとしかいいようがないです。
最近、こちらを訪れた方へ・・ 2009年に実は、私のところに西洋の白いドラゴンが来てくれ、
以来、私を守護し、一緒に光の世界を描いてくれている守護ドラゴンがいるのですが、
名前は、ANAN(アナン)と言います。
裏ブログでは、ANANとの出会い、ANANの姿かたちなど、詳細を書いていますが、ANANのからだは、虹色に反射する、白いウロコでおおわれています。 薄い水色のたてがみ、大きな白い翼、翼の裾に等間隔で薄い水色の羽がついてて、頭にはゴールドの二本の角、ゴールドの瞳をしています。
と、まあ、こんな感じで、紹介していたのですけれども・・
(※ あ、もちろん、物質界で肉体を持っているのではなく、エネルギー体で存在する光の存在です。)
今回、草場さんの個展への導きが、すごいんですよ。笑
紹介してくださったのは、『あなん』ちゃんという女の子。笑
実は、妹夫婦と私の友人とこの間4人で食事をしたところ・・・
沖縄の龍神様の話になり・・
もう、すでに私の守護ドラゴンの名前を知っている妹が、「そうそうそう! 旦那さんの親友に、『あなん』ちゃんって言う子がいるのよ!」と言いだすので、
私が、「あ、私も、『あなん』という苗字の女の子に、ギャラリーイベントで出会ったことがあるんだよ。 最初に、3~4人くらいの女の子が、私のブースにやってきて、私のプロフィールを見て、クスクス笑ってるから、どうしたんだろう?と思っていたら、もう一人、後から、女の子がやってきて、すると、先の女の子たちが『ねえ、“あなん”の名前がここに載ってるよ。』と指さして言っていたんだけど、その女の子が『あ、私も、“あなん”って名前なんですよ~』って自己紹介してくれたの。 私のプロフィールには、ANAN(アナン)のことも書いているからさ。笑」と話していたんだけど・・・
そしたら、家に帰ってから、妹からメールが来て、「旦那の友達、『あなん』ちゃん、そのイベントでなおちゃんと話した、『あなん』ちゃんと同一人物だった!!」とのこと! あらま! 世界は狭~い!と思っていたら・・
そのあなんちゃんが、「お姉さん、ぜひ、この個展一緒に観に行きませんか?」とチラシの写真付きで誘ってくださった個展というのが、この草場一壽さんの龍の個展でした。
チラシが龍ですもん、すごい気になりました。
残念ながら、そのあなんちゃんと日にちが合わず、別々で行くことになったのですが、
あなんちゃんはあなんちゃんで、もう一人、誰かを誘い忘れている気がする・・と思っていたらしくて、
それが、私だった・・と納得いったそうです。 (妹いわく、あなんちゃんも直観力があるとかで・・)
それで、行ってみたらば・・
ああ、この人知ってる! インターネットか本でちらっと、観音様の陶彩画の作品をいくつか拝見させていただいたことがあり、気になっていたのですが、その人の個展だったと初めて気づきました。
草場一壽さんは、
陶器の技術を絵画に生かす、という、初めての新しい絵画技術を生み出した方で、黄金や陶器のつややかさと美しく色が変わる輝きで永久の美の絵画で人々を魅了されているお方です。
観音様や羽衣天女、蓮の花の絵など、とても美しい絵を描かれます。
その草場さんの新作は、「時は今」という虹色のウロコの白龍で、なーんと、その原画のお値段は2000万円!!
高さ2メートルくらい?の大きな作品で、天に向かって昇る龍の白いウロコが、光によって、色が見事に虹色に輝き、光の角度が変わると、色が美しく移り変わる、素晴らしい作品でした。
しばらく、その美しい作品を目の前にして、その虹色に輝く白いウロコを観て、私は、はっきりと見覚えがあり・・ 「あ・・・ ANANのウロコとおんなじだ・・」と思ったとたん、涙が溢れてきてしまいました。
まさに、私がビジョンに見る、ANANの虹色に反射する白いウロコそのものを再現していました。
草場さんは、きっと観音様や龍神様が「見える」人なんだ・・と思いました。
何よりも、おなじ、虹色に光る白いウロコを観ている人がいると、知ったことが、感動的で・・
ああ、ANANがあなんちゃんを通じて、ここに連れてきて、草場さんとこの白龍に逢わせてくれたんだなぁと思ったら、泣けてきて・・
最近、ANANと一緒に作品を描くということをしばらくお休みしていたから、つまり、ANANへの意識がちょっと離れていたから、「さあ、また、一緒に描こう」と言われた気がして・・。
私が意識しなくても、いつでもそばにいてくれるんだな・・と改めて気づかされました。
こちらはチラシです。 チラシをクリックして拡大して見ると、光によって色が変わることが説明されているのがわかります。
Kusaba-sanS.jpg
そして、会場に草場さんご本人がいらして、私は話しかけてみました。
つづく

Please follow and like us:

My Dragon ANANにそっくりな男の子 その2

以前にもここに書いたのだけど、
ANANにそっくりな男の子の写真、パート2です。
というか、本当は、こちらを先に見つけたんだけどね・・・。
本屋さんで、イタリアのキッズ・ファッションの雑誌「VOGUE BAMBINI」に載っていたのです。
その時に買わなくって、いつか買おう買おうと、だいぶ経ってから、ネットで注文したら、別の号だったらしくて・・載ってなかったのよね~~。笑 それで、該当の号(2010年3月号/4月号)やっと探し出して、ゲットできたのよね~。笑
それが、この子。 目元が超そっくり。
私がANANと初めて会った時の年齢・容姿にもかなり近い。
(前回紹介した写真の男の子は、ANANのもっと小さい頃。)
ANAN1-Bs2.jpg
ANAN1-B1.jpg
ね、かわいいでしょ~~? ^^ (親ばか)
鼻はね、もうちょっとこの子より先がとんがってる感じかなぁ・・
この写真の男の子の醸し出す雰囲気も、ANANにとても似ているので、どうしても気になって、やっぱり、探してやっと手にした。
ところで、余談なんだけど、
表ブログで紹介した、Justin Bieberも、雰囲気はまた違うんだけど、顔の系統としては、ANANに似ている。
そのことを言っていなかったのに、私がそのことを言う前に(書く前に)
共時性の多い、不思議なソウルメイト友のチャチャさんが、ずばり、「ジャスティンって、なんとなくANANくんに似てませんか? ちょっとそんな気がしたので。」とメッセージをくれた。
さ、さすが・・。
Justinの場合も、目元が似ているんだろうな~。
だから、Justinの映画を観たときに、親しみが湧いてしまったのかもね。 なんてね。

Please follow and like us:

天候を操れるドラゴン

表ブログにも書いたんだけど、ANANのことが書いてあるから、こちらにも書きます。^^
ずーっと前にも、私は晴れ女であること、書いたことがあるんですけれども・・
自分にとって大事なイベントの時には必ずと言っていいほど、天気に恵まれます。
9年間、天狗みこしのダンサーとして踊った時も、私が参加する日は絶対に晴れました。
それは、私もひそかに、天狗の神様に感謝の気持ちをつたえ、お祈りを捧げて、コミュニケートしていたからでもあるんですよね。
私が参加しない日はどしゃぶりになったり・・笑 まるで本当に私の参加に合わせているのかと思うくらい、不思議なめぐり合わせでした。
晴れてください、と一方的に頼んだわけじゃなくて、「いつもこの土地をお守りくださり、ありがとうございます。 今日の祭りでは、踊り子たちが気持ちよく、楽しく踊れて、そして、見る人すべての人に幸せのエネルギーを注げられますように、そして皆が、沼田が幸せになりますように。 ありがとうございます。」と祈っていたんですけどね。
2009年の秋、私のもとにやってきてくれた、聖なる白い西洋のドラゴンANAN(アナン)。
彼もまた、すごいパワーを持っていて、私は、彼と出会った当初から、彼がさまざまな力を示してくれたおかげで、彼は天候を操れる力も持っていると、知っていました。
ANANにお願いすると必ず叶えてくれる・・。
でも、自分の都合で天気を勝手にいじってはルール違反なので、私もどうしても・・というときにしかお願いしないんですけれども・・
私がお願いをすれば、必ず叶えてくれる。
ある時群馬から東京に向かう時、どうしてもその日早く東京に戻って仕上げなければいけない仕事があったのですが、あいにく、そのころ、強風の影響で、電車が何時間も動かない、という日が続いていた。
その日も、強風によって運転が見合わせられていたのだけど・・私は、ANANにお願いをした。
「どうしても、今日帰って仕事しなきゃいけないから、帰らせてほしい。 風を止めてほしい。」
そしたら、私が乗ろうとしたとき、風はおさまって、スイスイと東京まで問題なく帰ってこられたのだ。
本当にANANってすごい・・。
ドラゴンといっても、人間界よりも遥かにパワーがあるとはいえ、やはり、肉体を持たないエネルギー体であって、無限にパワーがあるわけじゃなく、たまに休みやエネルギー調整や補給も必要らしくて、だからなんでもかんでも頼んでは申し訳ない。
実を言うと、
先週の土曜日、さくら坂を歩く時も、天気予報では雨で、昼過ぎから大ぶりになる、と言われていたのだけど、
遠くから友達が来ていたので、さくら坂を歩くときだけは晴れてほしいなと思ったので、
ANANに、もし余力があれば・・ とお願いして、あるいは、お力に余裕のある方に「さくらを見るときだけの間でいいです、晴れてくださいますように」とお願いをした。 無理にとはいわないけれども、さくらを見るときだけ、晴れますように、と祈ったのだ。
(余力があれば・・というのは、今、みんな地球のために、日本のために懸命に働いてくれているだろうからね・・)
そしたら、友達と食事をして、そのあとショッピングをして・・ そしてさくら坂を歩いた時は、傘なんて必要がなくて、曇り空ではあったけど、気持ちよく美しいさくら並木を歩くことができたのだ・・。
本当に本当に、なんて優しい存在たちなのだろう・・。
ANAN、そして光の存在たち、本当にありがとう。
実は、本題はここから。
私には、ドラゴンさんや龍さんがついている知り合いさんがたくさんいて、その人たちの経験と自分の経験から、天候を操れるドラゴンさんや龍さんがいるのを知っていました。
ドラゴンや龍には、それぞれ得意なパワーを持ったドラゴンや龍がいて、そのパワーの中でも、天候を操れる力を持ったドラゴンさんや龍さんも多いと思うのですね。
今年の3月はずーっと寒い日が続きましたね。 3月の頭はほんの数日だけ一瞬温かくなったと思ったけど、地震が起きてから、ずーっと寒い日が続きましたね。
桜の咲く予定日がずれるほどの寒さが続きました。
3月の下旬、群馬では雪も降りました。
ふぶく白い雪を見て、私は、もしかしたら・・と思いました。
人にとっては寒くて寒くて大変なんだけれども、
原発事故が起きて、放射能が広がらないようにするためには、「冷却」が必要だと、ニュース等で知り、そして、不思議なほどに寒い日が続くのを見て、
あ・・もしかして・・!と私は思いました。
天候を操れるドラゴンや龍たちが、あるいは、天候を操れるそのほかの精霊たちも、現地へ赴いて雪を降らせたのかな・・ 冷却しようとしてくれていたに違いない・・と思ったのでした。
寒いのが大の苦手で嫌いな私は・・ この寒さは、辛くありませんでした・・。
見えない光の存在たちが懸命に動いてくれていた、というのがひそかに感じられた私には、この寒さは、なんだか、ありがたくもあったのでした。 (いや、暖房がなくて辛かった方には大変大変申し訳ない発言なんですけどね。^^;)
きっと彼らがいなかったら、もっと事態は深刻だったんじゃないかな・・。
だから、私は彼らに心からありがとうと伝えました。
私たち人間だって、人間の心は、人間のエネルギーは、地球と現象とすべてにつながっているのだから、
私たち人間の心の中だって、平安であり、花のように優しい波動を奏でなくてはね。

Please follow and like us: