アストラルトラベル in プライベートアートレッスン

実は、和多志は、2019年の7月から、あるお子さん(小学校6年生)のプライベートアートレッスンをスタートしており、そのお子さんも、今では中学一年生に。(今年の4月から二年生に)

アートレッスンでは、レッスンの後にビジュアライゼーションをときどき行っていました。 これが好評で、生徒の能力がどんどん伸びて、 上達するスピードが速く、 今では彼女も中学一年生とは思えないほどの素晴らしい画力が身についています。

今日はそのプライベートアートレッスンの日で、

レッスン後に久しぶりにビジュアライゼーションをやりました。

(実は、アストラルトラベル形式でやるのですが、これは、潜在意識を開いて、生徒の能力を引き出したり、心のデトックス、エネルギーのクリアリング、アイデアを高次元から引き出すトレーニングを目的にやっていて、和多志自身がアレンジしたビジュアライゼーションです。)

生徒のお母さんにも大好評なので、いつもお母さんも一緒にやるのですが、アストラルトラベル形式なので、宇宙飛行をして自分の星の自分のお城にたどり着き、いつもの一通りのコースをやって、さて、地球へ戻ろうとしたところ、ん?このまま帰るには物足りない・・・、二人にはヒーリング、体のエネルギーのメンテナンスが必要だと感じて、急遽、初めてヒーリングの部屋へ案内しました。

ヒーリングが終わって地球へ戻ってきて、ビジュアライゼーションから目が覚めたとき、

お母さんが「Naomiさんに、先週、娘が体調悪かったって話しましたっけ?」と聞いてきて

「いえ、聞いてないですよ~。 でもなぜか必要だと思って急遽ヒーリング部屋へ案内しました。(笑)」と和多志は答えました。

「実は、娘、胃腸炎で吐いたりして、大変だったんですよ。」と、お母さん。

実は、和多志は、ビジュアライゼーションを誘導していると、参加している人が今何が必要なのかを「視えて」しまうことがあり、あ、二人には、体のメンテが必要だ、と思って、ヒーリング部屋へ案内し、体のチャクラエネルギーが正常化するように、そして、免疫と自然治癒力がアップし、生命エネルギーが強化されるヒーリングバス治療を誘導しました。

と~ってもよかった~と二人から言ってもらえました。

このヒーリングバスは、人が横になって寝られるくらいの細長いバスタブのような形で、中に、ヒーリング用の不思議な液体が入っていて、 すっぽり頭も液体のなかにもぐって横になってヒーリングを受けるのですが、

何年か前に、和多志も、 宇宙空間に浮かぶ浮島に、マイドラゴンのANANにいきなり引っ張られて連れてこられて、ヒーリングバスに入って体のエネルギーメンテをしてもらったことがありました。

その時のブログ記事はこちら。

その時は、緑色に光る不思議な液体でしたが、今回は、七色に光る液体にしました。

それが7つのチャクラを正常化するのにぴったりな液体だったようです。

お二人には、瞑想が実は免疫力がアップすること、そして、脳科学でも、プラスのイメージをしていくと、病気が治るということは立証されている、というお話をしました。

それにしても、ヒーリング部屋へ人を誘導したのは和多志は初めてだったのですが、細やかな描写と的確な誘導の言葉がすらすら出てきて、天使たちがチャネリング形式で伝えてくれたみたい。

Please follow and like us:

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Sponsored Link