プレアデスの記憶 その3 ハイヤーセルフで生きていく

プレアデスの記憶 その1

プレアデスの記憶 その2

プレアデスの記憶 その1 と その2の続きです。

実は、今年10月16日の満月は、本来の自分の姿=ハイヤーセルフでこの地球で生きていく、という生まれ変わりのスターゲートだったぽくて、

多くの人が、本当の自分に目覚め、それを選択していく節目になっているみたいです。

そんなタイミングで映画「君の名は。」も大ヒット中で、多くの人が本当の自分って?と探求をするきっかけになっている、あるいはアンテナを張っているのではないでしょうか?

私は、そのAjna Lightのおかげで、地球外の星(プレアデス)での記憶を取り戻すことができました。

それを思い出したあとの自分は明らかに地球人の自分とは違う感覚。 その記事の中にもありますように、本来のハイヤーセルフが本当に自分の中にちゃんとおさまった感じ

守護ドラゴンANANが来てくれた2009年のあたりから、すでに、私は地球外の星から来た魂で、天使にゆかりのあるルーツを持っているというのは、おぼろげに感じてはいたのですが、はっきりその記憶を思い出すことはできなかった。 自分も細かく思い出す必要はないと思ってそこまで執着していなかった。

でも、Ajna Lightを浴びたら、急に引っ張られるようにその記憶のアカシックレコードへ飛ばされました。

プレアデス人だったときの記憶がよみがえった直後は、放心状態というか、心ここにあらずというか、

心と頭と体が起きていることについていけない、地球人としての感覚だとついていけなくて、

理解に時間がかかるといったらいいのかな、昨日は頭と感覚を整理するのに、ふらふらしている状態でした。

こどものときからの自分の特徴、特性、あの時(高1の時)地球の映像を見て号泣したときの涙、そして、20年前に霊感が突然芽生えて、肉体を持つ存在だけじゃなくて、肉体を持たない存在たちが視えたり感じるようになって、透視力や予知能力や超感覚が芽生えて、地球での過去生をたくさん思い出して、光の存在たち、天使やドラゴン、龍神たちの存在を視たり、感じるようになって、宇宙ドラゴンANANが私のそばにやってきてくれて、私の魂はおそらく地球外の星からやってきている、天使にゆかりのあるルーツなんだなとおぼろげに気づいたり、肩の天使のほくろがそれを証明していると気づいたり、今回プレアデスの記憶がよみがえったことで、その一連の体験のパズルピースがぜ~んぶつながって、

泣けてきました。

自分のルーツを思い出せて

あの懐かしい美しい魂たちが存在する星のことを思い出せて

何世代ものの過去生を地球人として過ごして、長く永く辛い体験をして、

本当にがんばってきたんだなと思ったし、

そして、今回のそのプレアデスの記憶を思い出した後にアシュタールさんが「卒業おめでとう。 人間としての学びは終えました。 これからは本来の魂の姿でここ地球で歩んでいってください」とメッセージを伝えに現れてくれて、

ああ・・・終わったんだ・・・ 私は解放されたんだ・・・

と空手の極限に厳しい1週間の夏合宿を終えたときと同じように、涙が溢れてきました。

達成感なのか、解放感なのか、涙の理由がわからないけれど・・・

昨日の夜は、とにかく号泣しました。

本当に地球人だけど地球人じゃない、新しい自分になったというか、ハイブリッドバージョン誕生? 本当の自分(ハイヤーセルフ)の感覚というのが、これかぁ・・・というか、明らかに自分が発信するエネルギーの質が違うというか、なんていうか、生まれ変わった感じ

まだまだミラクルが起こるぞ、という強い確信。

これからが楽しみです。

Please follow and like us:

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Sponsored Link