クリロズ 資料館で観たもの

前回につづくといえば、つづくんですが・・

クリロズの資料館で、自分の個人的な前世の情報を閲覧したので・・・
せっかくだからと、宇宙の意識計画だとか、そういう資料を見よう!と再度チャレンジしました。

資料館の管理人、オーランド・ブルーム似の銀樹さんに、「やあ、また来たの?」と言われました。笑。 もう、3、4回くらい来ているからね・・笑。
「すみません、今回は、宇宙の意識計画とか、スケールの大きい資料を拝見させていただきたくて♪」と許可を得ました。 (今日が最後だからね・・)

また、例のごとく、端末機から、青っぽい丸いホログラムが出て、(そうそう、映画「アバター」の軍地にあった、立体ホログラムみたいなやつに似ていましたかね・・・)iPhoneみたいに、タッチパネルで、指でスクロールが可能で、今回は、地球や銀河系などの画像も出てきました。

いろいろ探るんですが、なんだか、本とかで読んだ知識ばっかりで・・・(アセンション関連とか、スピリチュアル関連とかですね)
うーん、これは資料として、閲覧できているのか、微妙だわ・・とビジョンに自信をなくし、なんでもいいから、私がまだ知らない情報ないかしら?としばらく探ってみたら、ギャラクシー(銀河のような星の集団)の映像が出たところで、地球以外の惑星の構造を検索。

まあ、これも、実は、「小さな宇宙人アミ」とか、「シャンバラ」という本で見たことがあるから、知っているといえば知っているんだけど・・・

文明が発達した星では、惑星の外の地表じゃなくて、内部に生命体が住むと言われているようなんですけれども・・・・

しかし、この内部構造、いくつかタイプがありそう・・・ というのだけ情報ゲット・・・

っていっても、ビジョン正しいかどうかなんて、まったくわかりません。 ただの想像かも知れないし・・・

なので、ここからは、想像ごっことして、楽しんでください・・^^;
内部構造のタイプとは・・・ たとえば・・・
A、空洞の真ん中にセントラルサン(太陽の代わりのもの)があるバージョン
B、空洞の真ん中に更に惑星があって、その周りをセントラルサンが回っているバージョン

図でいうと、こんな感じ・・・↓


ちなみに、「シャンバラ」という本に載っているのは、地球内部へ行ったことがあるという人によって描かれた絵 ↓ Aのタイプですね。


(ちなみに、私、「シャンバラ」まだ読破していません・・辞書並みに分厚くて、文章も読みづらくて・・・最初の数ページしか読んでいなくて・・・)

考えたらですね、重力が惑星の中心にあるならば・・・

Aってあり得ないと思うでしょ? 惑星の内側の地表に山とか海とかあるわけです。 でも、もしかしたら、高度な文明では、もう内部では、重力コントロールがされているのかもしれないなぁと思ったら、
そんなような情報も(資料館の端末にて)ちらっとあったようなないような・・・

自由自在に内部を「創っている」とか・・

うん、Aのような構造、実際、行ってみたら、地平線なんてないだろうね・・・ ぐるーんって丸い壁ができて天井までつづく感じになるから・・・ ただ、広ーくなると、どんなふうに見えるんだろう・・・ 天井はセントラルサンの光で見えないとしても、壁側の土地は見えるんだろうか・・・
※ ちなみに、地球でいうと、大気の厚さを1mとすると、地球の中心まで16m、16倍の距離があるそう。

私が洞窟観音さまをお参りした時に見えた地底というのは、どちらかというと、Bのような感じがした・・ そして、ミニ惑星のさらに内部に潜っていったような・・そんな映像・・。 でも、観音様の胸の中へ飛び込んだから、それが果たして、ミニ惑星の内部かどうかは微妙。 どこか別の異次元かもしれないし・・・
すべてシンボル的なビジョンかもしれないし・・・
でも、結局、Aのような構造で、飛び込んだときに、すでに上下さかさまに重力が変換されたのかもしれないし・・・ うーん、結局わからずじまい・・

↓ これは全くの想像だけど、
Bでも、結局Aの内部の地表の部分にも土地がある状態だから、そこに住む場所創ろうと思えば、創れる・・・その場合、重力コントロールが2重になるけど・・・

だけど、内部構造、重力コントロールができるなら、いろんな構造があったって不思議ではないなぁ・・と思ったのでした・・・

皆さんならどう思いますか?

うーん、やっぱり、せっかく内部に地底都市をつくるなら、Aの方が効率いいかもしれないなぁ・・・ぶつぶつ・・・ Bだと住むところの面積やっぱり小さくなるし・・・ (← その場合はAとプラスの方法で。笑)

※ 本当にこれは、想像ごっことして読んでください。

なんか自信無くしてきた・・ がっくし・・・ でもいいや・・ 記録に残しておきましょう・・・ トボトボ・・

そのあとの、ステーションでのアシュタールさんとのランチがとっても楽しかったのです♪
そのレポートはまたあとで♪

★お知らせ★
Naomi Angel アートギャラリー 2010年7月19日(月・祝日)
プロ・ミュージシャン:屋久島の歌姫AZAMIさんとコラボ in 銀座・内幸町ホール(特典付き割引チケット先着30名予約受付中!)

追記: そうそう、最後に銀樹さん(ぷちさんの上の人)、seryuさん、そして、アルさん(sachikoさんの上の人)にごあいさつして資料館を後にしました~♪ ^^ 

Please follow and like us:

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Sponsored Link