龍神様に・・・

皆さん、こんにちは。

お元気ですか? 😀

ご訪問ありがとうございます♪

実は、ちょっと前に、表ブログにも書いたのですが、私ともう一人沖縄に移住した親友にも龍がついていて、二人とも強力な晴れ女なので、もしかしたら、台風あまり来ないかもしれない、と半分冗談でこっそり思っていたら、本当になかなか来なくて、通常5月に発生する台風も、今年はなかなか来なくて、18年ぶりの遅さ、と言われていたのですが・・・
(いえ、特にこれに関しては祈っていないのです☆何も☆)

台風1号がやっと発生したようです☆ わお☆

台風って怖いですが、実は・・

台風がくるといいのは、台風によってできた大波で、波打ち際から海底の砂(サンゴのかけら)が大部分入れ替わるらしく、そのため、いつまでも美しい白い砂浜が保たれるらしいのです。

あとは火山の熱を冷まして、噴火を沈静する役割もあるらしいという話もあるようで・・・

だから、台風をお迎えする覚悟はできていたんですけれど・・・

前日の6日の予報では、7日の昼間から8日の明け方まで強いしけが来るといっていて・・・
実は、7日は朝から夕方17時ごろまでどうしても2か所行かなければならないところがあったので、

こっそり・・・ 前日に龍神様に「明日無事に行って帰ってこられますように、快適なお天気にしていただけますでしょうか?台風をずらしていただけたら幸いです。 よろしくお願いいたします。」とお願いしてしまいました・・・すみません 🙄

午前中は少し雨でしたがすぐに止んで快晴になり、午後からまた曇り、そして17時頃帰るころにはまた普通の雨が降りまして、普通に帰ってこられました。

15分歩いて移動のときはこんな快晴で・・・・

13599900_1117746638282122_8270037601550534725_n

少し前に台風対策に買ったお気に入りのおしゃれなレインコートの出番はなかった・・・(笑) (そういや、このレインコートまだ出番がないなぁ・・(笑))

わぁ~、龍神様、本当に願いを聞き入れてくださったんですね! 本当にありがとうございます! 😆

龍神様や私のドラゴンANANに、天気のことをお願いするのは本当に大事な用事のときだけで普段ほとんどお願いしないのですが、というのも、自分都合で天候を操っていたら、地球のバランスが崩れてしまうからです・・・  😕

普段だと私のドラゴンANANにお願いするのですが、台風レベルになると、とっても大きいので、その土地の、もしくはその地方の大きな龍神様の力が必要になってきます。なので、そういう時は龍神様にお伺いを立てながらお願いをします。

でも、実は、お願いしなくても、いつも大事な用事の時は晴れてくださる、または過ごしやすい天気にしてくださいます。ありがたいことだな~と思います。お願いするとほとんど100%聞いてくださいます・・・ 🙂

こんな感じでいつも護ってくださっています。ありがとうございます。 🙂

Please follow and like us:

魔術師マーリン

イギリスの人気ドラマ、「魔術師マーリン」、
大好きで、最初からずっと観ています。
今、シーズン4がGYAOで無料配信されているのですが、
シーズン4の第4話「竜使いの使命」というエピソードがあります。
エピソードラストで涙があふれてしまいました。
ANANと同じ色だから。
しかも、マーリンのドラゴンとして、命名儀式をするから。
わかる人にはわかる、龍族、ドラゴンライダーの系統の人はきっとぐっとくるシーンだと思います。
ちょうど、その日、書籍のカバーのイラストの下描きで、ANANを描いていたところだったので、
すごいシンクロ。
ANANいつもサインをありがとう。
ドラゴンや龍が自分の守護につくとき、必ずと言っていいほど、名前を付ける儀式があるんですね。
マーリンでもそのシーンがあって、感動してしまいました。

Please follow and like us:

ANANが夢に初めてでてきた

私は小さいころからよく空を飛ぶ夢をみるのだけど、
それが、
本当に現実かと思うくらいに、夢がリアルで、
年齢を重ねるごとに、飛び方も上達していくし、
新しい技ができるようになっていく。
おととい(11/8)の夢は、
6歳の年長の姪っ子を前に抱えて、高いところを飛ぼうとするのだけど、
重くてなかなか飛び立てない。
へたすると、数十メートル下へおっこっちゃう。
姪っ子をだっこして、念力集中して試行錯誤するんだけど、
すると、背後から、ブワァサァ~~~!っと大きな翼の音がして、
前方下を見ると、大きなドラゴンの影が。
あ! ANANだ!!
ANAN(私の守護ドラゴン)が、後ろから私の胴体をむんずとつかんで、手伝ってくれた。
というより、運んでくれた。
いつもは、ANANはサードアイ(=霊眼)でビジョンを見るのだけど、
初めて夢に出てきてくれた。
ドラゴン、龍の夢は、これまでも、数回みているけど、
ANANは初めてだった。
姿は見えなくて、影だけなんだけど(笑)、ANANだとわかった。
夢の話を妹と友達にしたら、
「え、いつもしょっちゅう夢で見てるんかと思った。」と言われた。(笑)
まあ、そう思われるかもね。(笑)
ここ最近、また空を飛ぶ夢をひんぱんに見るようになったかなぁ?

Please follow and like us:

東洋龍の耳、西洋ドラゴンの耳

(こちらも表ブログに書いたもの。コピペします。)
ひらめきに近いひそかな発見。
西洋のドラゴンって耳がないじゃないですか。
そして、実は、私の守護ドラゴンANAN(アナン)もビジョンの中では耳がないのです。
うろこでつるんとしてて、細かい角とげがある。
額から後ろに向かって二本の太い角がなだらかに伸びていますが、
耳がないのです。
前から耳ってないのかなぁ~なんて思っていたのですが・・・
東洋の龍は小さな耳が角の下にちょこんと描かれているけれど、
ネットで調べたら、龍は耳が聞こえないらしくて、そのかわりに角をアンテナのようにして探っている、という記述がありました。
(たとえばこことか)
なので、聾唖者の『聾』(ロウ)という字も『龍の耳』と書きます。
龍の耳が海に落ちて、タツノオトシゴになった、という説もあって、タツノオトシゴの姿が耳の形に似ているので、全日本ろうあ連盟のマークにもなっているらしい。 (全日本ろうあ連盟
思うに、龍やドラゴンは、耳という器官ではなくて、テレパスという方法でコミュニケーション(ようるすにテレパシー)をとっているのだと思います。
ま、私とANANは文字通り、テレパスだしね。
西洋ドラゴンはあまりひげは描かれないですが、東洋龍のほうにはひげもあるので、ひげも、感覚とか、音の周波数を拾うアンテナ代わりかもしれないですね。
でね、私は聾唖じゃないけれど、難聴なので、肉体の耳は通常の聴力はないけれど、そのかわり、観察力と感覚が研ぎ澄まされるようになりました。
そして、まぁ、ご縁あって守護ドラゴンについてもらえるようになった。
なんだか不思議なご縁、めぐりあわせを感じます。
難聴や聾唖のみなさん、聴力が弱い代わりに、とても発達した部分ってあると思いませんか? 非常に細かいところまで見る習慣がついたり、観察力が鋭かったり、記憶力がよかったり、感覚が敏感だったりするんじゃないかと思います。^^
eastern dragon
<追記>
そうそう、聾(ロウ)という言葉が差別的だという指摘があるらしいですが、でも、私はそう思わないですね~。
本文で紹介したリンクの記述を抜粋です。↓
一般に「聾」という字には差別的なニュアンスがあり、「聴覚障害」と言い換えが進んでいるというのがその主な理由のようですが、はたして本当に「聾」は差別的な用語なのでしょうか?
(中略)
龍というのは想像上の生き物ですから写真で確かめることは出来ませんが、古い絵ややきものに描かれている龍をよく観察してみると、少し先が尖った耳が頭の両脇についていることが確認できると思います。しかし実はこの耳には聴く機能がないのだそうです。
ではどうやって龍は音を聴いているのか・・・。
それが、歴史的生き物(?)のわりにはかなり先進技術で、頭についている鹿のような「角」が音をアンテナのように感知しているのだそうです。そしてそういうことから耳の機能を使わずにコミュニケーションをするろうあ者のシンボルとしてこの龍がよく使われているというわけなのです。
したがってこの「聾」の漢字の意味をよく理解していさえすれば、先の「差別的なニュアンス」という発想は出てこないはずなのです。ちなみに全日本ろうあ連盟のシンボルマークもこの龍にちなんだタツノオトシゴになっていて、このことからもろうあ者と龍との密接な関係についてはお分かりいただけることと思います。

うんうん、全然差別的じゃないよね、むしろ素敵な字だと思う♪

Please follow and like us:

天狗が祀られている迦葉山のお寺の正式名称

(そして、こちらも表ブログからコピペ)
昨日、天狗神輿(みこし)、そして、龍神さまのことを書きましたけれども・・
実はですね、この天狗神輿、迦葉山のお寺に祀られている天狗のお面を神輿に仕立てて女性だけで担ぐお神輿なんですよ。
→ 沼田祭り
群馬県沼田市にある迦葉山にあるお寺は、まあ、みんな「迦葉山」(かしょうざん)と呼んでいて、私、恥ずかしながら、正式名を存じておりませんでした。
でね、気になって、ぐぐってみたら・・
正式名は、『迦葉山 龍華院 弥勒護国禅寺(かしょうざん りゅうげいん みろくごこくぜんじ)』というらしくて。
あらま! お名前に龍がございました。。 そして、弥勒様も。。
とはいえ、天狗様を祀っていらっしゃるようですけどね。
http://www.kasyouzan.jp/engi.html
これを読む限りでは、お名前が先で、天狗のお面はあとに祀られるようになったようですね。
以下抜粋
沼田市北部にそびえる迦葉山の中腹に鎮座する。寺号は詳しくは「迦葉山 龍華院 弥勒護国禅寺(かしょうざん りゅうげいん みろくごこくぜんじ)」と称する。一般には単に「迦葉山」と呼ばれることが多い。
天狗の寺として知られ、高尾山薬王院、鞍馬寺と共に「日本三大天狗」の一つに数えられる。

子どものときに一度お参り行ったくらいかなぁ。
行ってみたら、龍さんもいらっしゃったりして。 ^^
台風のときに願いを聞いてくださった龍神さまはどちらの方だったんだろうなぁ。
きっと、ほかの龍さんも呼び集めて動いてくださった気がします。
しかし、身近に感じていた天狗さん、日本三大天狗のひとつだったんですね・・そりゃ、そうよね~、あんなに大きかったら・・・。
ここで、お面の写真が見れます↓
http://www.kasyouzan.jp/
踊り子チーム「舞華」 後ろに見えるのが天狗神輿です♪

Please follow and like us: